占いで宝くじを当てる

宝くじ

当選金額の大きい宝くじの当選が発表になるといつもメディアで話題になるのが当たる宝くじ売り場と宝くじが当たる占いです。宝くじが当たる占いがあるならぜひ利用してみたいと思うものですが、一方で本当に当たる占いがあるのかは疑問に感じる方もおられるでしょう。

<宝くじに当たるとはどういうことか>
宝くじに当たるといっても一等はほとんど当たるものではないので、占ってもらうとして当てにくいものです。宝くじは平均するとくじを購入するのにかかった金額よりも当選金額が下回る仕組みになっています。当選したということを黒字になったと想定すると、占ってもらう金額も足せば相当によい当たりが無ければ黒字にはなりません。

<宝くじに当たる占い?>
宝くじの当選を占ってくれる占い師は多くいます。しかし注意しなければならないのは宝くじで大当たりする確率はとても低いということと、占いが当たる確率は100%ではないということです。よく当たるとされる占い師でも的中率は80%程度と言われています。この2つの確率の中で宝くじを当てることは、本当によく当たる占いであっても困難と言わざるを得ません。もともとの宝くじに当たる確率が低すぎるために、占いだけでは厳しいのです。

<実際に占いで当たった例はあるのか>
では占ってもらってから買った宝くじが当たったことがあるのかというと、実は多くの方が当選しています。どのくらいの確率なのかは統計が取られていないので分かりませんが、少しでも確率が上がるのならぜひ占って欲しいものです。気をつけるべき点に宝くじを買う金額があります。少し当たった程度では占いの料金のほうが上回ってしまうかも知れません。宝くじを多く買うときにそのお金の一部で占ってもらって信頼している占い師に占って貰い、高額当選を狙ってみましょう。